2009年09月10日

横浜市電保存館(神奈川県横浜市)

横浜市電保存館(神奈川県横浜市)





 横浜市電保存館
 (神奈川県横浜市)









横浜市電保存館は、横浜市電の保存とその歴史の紹介を
主な目的とした博物館です。

横浜市電は、明治37年〜昭和47年までの約70年間、
ちんちん電車の愛称で、横浜市民の足として活躍しました。

実際に走っていた市電の車両が展示されている他、
日本有数規模の鉄道パノラマの展示や、横浜市営地下鉄
運転シュミレーターで運転士気分を体験する事が出来ます。
(2009年6月訪問)
  
開館時間 9:30〜17:00(入館は16:30まで)
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
 年末年始(12/29〜1/3まで)
入館料 大人・高校生 100円 小・中学生 50円
 65歳以上、就学前児童は無料
 ※高校生以下は毎週土曜日無料
駐車場 18台
アクセス ・地下鉄阪東橋駅から市営バス68、102系統で約10分。
  滝頭(たきがしら)下車
 ・地下鉄吉野町駅から市営バス113系統で約7分。
  滝頭下車。
 ・JR根岸駅から市営バス21、78、133系統で約7分。
  市電保存館前下車。
地図 
その他 館内禁煙です。

※開館時間・入館料等は変更になる場合があります。
 遊びに行く際には、横浜市電保存館の公式ホームページで
 ご確認の上、お出かけください。
 【横浜市電保存館 公式ホームページはこちらから

┌【横浜市電って何?簡単な歴史と説明
├【横浜市電保存館訪問レポート
├【横浜市電保存館訪問レポートA
├【現役時代の横浜市電を見る(リンク)
└【鉄道ぐるぐるトップページへ戻る


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。