2013年03月29日

【ちほく高原鉄道・廃線めぐりレポートB高島駅〜大森駅】

訪問日:2012年10月9日

高島駅跡から次の大森駅までは、5Km。

大森駅は無人駅で、昭和43年に設置された当時は
仮乗降場だったそうです。
昭和62年のJR発足の時に、駅に昇格しました。


 事前調査によると、駅跡は何も残ってないみたいよ。



 まあ、とにかく行ってみよう!



※クリックすると、別ウィンドウで開きます。


高島駅を出ると、線路跡は小さな川を渡ります。

バリケードが張られていますが、橋はしっかり残っていました。



線路はありませんが、バラストが残っています。

meguri027.jpg

この橋を越えると、線路は畑のど真ん中を右にカーブしながら
進んでいきます。



※クリックすると、別ウィンドウで開きます。


しばらくは道路と交わる点がなかったのですが、
地図9-@地点辺りで、橋のようなものを発見!





※クリックすると、別ウィンドウで開きます。


更に進むと、農道と交わる点が2点ありました。

まず、地図10-@地点。
そばに大きな神社さんがありました。
それ以外は、周囲はぐるり畑。



池田駅方面は、草むらになっています。
先の方に、バリケードが見えます。



大森駅方面は、砂利道が真っ直ぐに続いていました。



そして、地図10-A地点には・・・


 おくたん、牛がいるよ!



 牛さ〜ん!!


牧場がありました♪




 牛さん、いっぱいいる〜♪


牧場のすぐ裏を、線路跡が続いています。
大森駅方面です。



池田駅方面は、広大な畑地の間を真っ直ぐに続いていました。





※クリックすると、別ウィンドウで開きます。

地図10-A地点から先は、またしばらく道路との交点がありません。

次に線路跡が近づくのは、大森駅跡のすぐ近く、地図11-@地点です。

大森駅方面を見ると、畑と畑の間に築堤跡が続いています。



線路と道路の交点には、線路を潰した跡が残っていました。
正面には、道東自動車道が見えます。



池田駅方面は、というと・・・




 あ〜あ〜



 草ぼうぼう!


立派に生い茂っていました。
どこに線路があったのやら・・・

そして、地図11-@地点からほんの少し進んだ所が、
大森駅跡なのですが・・・


 え〜と、この辺り??



 ???何もない??




大森駅跡は、現在は何も残っていませんでした。

下の写真は、勇足駅方面を撮影したものですが・・・




 もっしゃもしゃじゃけんのう・・・



 何の面影もないねぇ・・・残念。


現役時代の大森駅はどんな駅だったのかというと、
コンクリート張りのホームがあるだけの、簡素な駅だったようです。

下記のサイトさんで、当時の写真が見られます。

「大森駅」北海道ファンマガジン

「大森駅」北海道道東の駅舎めぐりの旅

「大森駅」つちぶた本舗の全駅訪問の旅


大森駅は、Wikipediaによれば、道内版の時刻表にすら記載されず、
地元以外ではほとんど知られていなかった駅のようです。


 一ヶ月の乗降客は何人だったんだろう・・・


次は、勇足駅へ向かいます。


┌【ちほく高原鉄道とは?廃線までの歴史
├【ちほく高原鉄道・廃線めぐりレポート@池田駅〜様舞駅
├【ちほく高原鉄道・廃線めぐりレポートA様舞駅〜高島駅
├【ちほく高原鉄道・廃線めぐりレポートC大森駅〜勇足駅
├【ちほく高原鉄道・廃線めぐりレポートD勇足駅〜南本別駅
├【ちほく高原鉄道・廃線めぐりレポートE南本別駅〜岡女堂駅
├【ちほく高原鉄道・廃線めぐりレポートF岡女堂駅〜本別駅】
├【ちほく高原鉄道・廃線めぐりレポートG】
├【ちほく高原鉄道に関するサイト(リンク)】
├【ちほく高原鉄道トップページへ戻る

└【鉄道ぐるぐるトップページへ戻る

posted by おくたん at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) |  └北海道ちほく高原鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。