2013年04月25日

【ちほく高原鉄道・廃線めぐりレポートC大森駅〜勇足駅】

訪問日:2012年10月9日

大森駅を出ると、次の駅は勇足駅です。
駅間は、4.3Km。
池田駅からは、20.8Km地点になります。


※クリックすると、別ウィンドウで開きます。

大森駅を出ると、線路は国道からそれてしまいます。
国道のカーブ地点から見ると、ブッシュと化した線路跡が
伸びているのが確認できます。(地図12-@地点)



 
 路肩の草むらと背後の山の間にあるブッシュです。




※クリックすると、別ウィンドウで開きます。


少し進むと、細いダートと線路跡が交差していました。
地図13-@地点です。

池田駅方面を撮影してみました。
藪、もとい、線路跡が続いています。



 
 畑の中を線路が突っ切ってるって感じだよね。


 
 人工構造物が少ない…


地図13-@地点よりは大きくて舗装された道路と交差している
地図13-A地点は、踏切が潰された形跡が(下の写真)。



勇足駅方面は線路跡がもっさりと残っていますが、↓



池田駅方面は、畑と一体化しつつありました。↓



 
 勇足駅側の線路跡が藪になっていなかったら、
 分かりにくいな〜こっち側は…



※クリックすると、別ウィンドウで開きます。


そろそろ勇足駅が近づいてきます。

地図14-@地点は、ダートと線路跡の交差地点です。
雑草も車の轍を残すように生えていて、この道からは完全に、
線路をまたいでいた形跡がなくなっています。



 
 ちょっと写真ボケてます…クスン


そして駅の手前、地図14-A地点には、
線路脇に、機器箱(っていうのかな?)発見!
(勇足駅方面を撮影)



 
 おお〜!
 何か現役当時の面影がちょっとずつ見えてきたかも?!


いよいよ駅です。


 
 駅間4Km位だから、早かったね。


 
 勇足って、変わった名前だよね。


Wikipediaによれば、アイヌ語で「頭が浜の方に出ている河原」を
意味する「エ・サン・ピタラ」という地名に無理やり当てはめた漢字が
「勇足」で、そのまま「ゆうたり」と漢字読みになったとのこと。

 
 というか、何で「エ・サン・ピタラ」を漢字に当てはめたら
 「勇足」になるのかがそもそも疑問ですが…


それはともかく、駅を見てみましょう♪

勇足駅は、コミュニティーセンターとの合築で、とても立派でした。



 
 随分ピカピカだね。


それもそのはず、この駅舎は、1993年(平成5年)に改築された
ばかり。
もともとの古い木造駅舎が、下記のサイトさんで確認できます。

池北線その1さいきの駅舎訪問

ちほく高原鉄道としての勇足駅は無人駅でしたが、
国鉄の池北線が廃線の危機になるまでは、この駅は有人駅で、
列車交換が行われていたそうです。

 
 今も、駅の周りは結構大きな集落だもんね。


この日はコミュニティセンターは施錠されていて、建物の中へは
入れませんでした。

でも、建物の裏側へ回ると…


 
 おおお〜!おくたん!!


 
 あっ!ホームっぽい!




上の写真は北見駅方面を見て撮ったものです。
線路の跡は完全に埋め戻されてしまっていますが、ここがホームで
あった事がわかります。

さらに、駅名標の外枠や標識が残されていました。↓



下の写真は、北見駅方面を撮影したものです。



 
 おおぉおぉお!!


 
 だんなぽんが興奮し始めた!



廃線前の勇足駅の様子を、下記のサイトさんで見る事ができます。

勇足駅(つちぶた本舗の全駅訪問の旅)


ちなみに勇足駅には、1962年(昭和37年)〜1984年(昭和59年)
まで、南本別駅裏手に開業した大日本製糖(後の北海道糖業)本別
工場との間に専用線があったようですが、その痕跡のようなものは全く
分かりませんでした。
(専用線は、本別工場の閉鎖に伴い廃止されています。)

次は、南本別駅へ向かいます。


┌【ちほく高原鉄道とは?廃線までの歴史
├【ちほく高原鉄道・廃線めぐりレポート@池田駅〜様舞駅
├【ちほく高原鉄道・廃線めぐりレポートA様舞駅〜高島駅
├【ちほく高原鉄道・廃線めぐりレポートB高島駅〜大森駅
├【ちほく高原鉄道・廃線めぐりレポートD勇足駅〜南本別駅
├【ちほく高原鉄道・廃線めぐりレポートE南本別駅〜岡女堂駅
├【ちほく高原鉄道・廃線めぐりレポートF岡女堂駅〜本別駅】
├【ちほく高原鉄道・廃線めぐりレポートG】
├【ちほく高原鉄道に関するサイト(リンク)】
├【ちほく高原鉄道トップページへ戻る

└【鉄道ぐるぐるトップページへ戻る


posted by おくたん at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) |  └北海道ちほく高原鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。